MENU
ひろ
年子育児パパ(4歳女児、3歳男児)
名前:ひろ(年子育児パパ)
出身:沖縄県
職業:データ集計
家族:妻、娘(5歳)、息子(4歳)
趣味:映画、アニメ鑑賞、ドライブ
備考:育休取得経験あり(3カ月)

育児グッズや、おもちゃのサブスク、沖縄情報などを発信していきます。
\おもちゃのサブスク人気5社徹底比較/

子供のクリスマスプレゼント何歳から何歳まであげる?疑問を解決!

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

「子供のクリスマスプレゼント、何歳から何歳まで贈るべき?」

「プレゼントの終了時期も知りたい」

この記事では、クリスマスプレゼントを贈る年齢層や、終了時期、クリスマスプレゼント選びのコツまでお伝えします。

ひろ

現役年子育児パパの私が実例付きで解説していきます。

目次

クリスマスプレゼントを贈るのは何歳から何歳まで?

クリスマスプレゼントを贈るのは何歳から何歳まで?
クリスマスプレゼントを贈るのは何歳から何歳まで?

早速ですが、クリスマスプレゼントを贈る一般的な年齢層を解説します。

① クリスマスプレゼントは何歳から?

クリスマスプレゼントを贈る開始年齢で多かったのが、0歳から2歳ごろでした。

私は、0歳のクリスマスからプレゼントを贈り始めました。

こどもの喜ぶ顔を見ることで幸せな気持ちになれますし、親子のコミュニケーションにも非常に有効です。

実際に欲しい物を伝えられる年齢になってから、プレゼントを贈るというのもオススメです。

② クリスマスプレゼントは何歳まで?

クリスマスプレゼントをもらう一般的な年齢層は、各家庭によって異なりますが、下記が主な年齢層でした。

  • サンタクロースを信じている間
  • 小学校卒業まで(12歳ごろ)
  • 中学校卒業まで(15歳ごろ)
  • 高校卒業まで(18歳ごろ)

中には、成人してからもプレゼントを贈っているという家庭もありました。

③ 結論:クリスマスプレゼントを贈るのは何歳から何歳まで?

クリスマスプレゼントを贈る期間については、各家庭の環境により異なります。

日々、こどもとコミュニケーションを取りながら決めていくのも良いと思います。

私は、中学校卒業を目途に決めていきます。

ひろ

こどもの喜ぶ顔が見れるので、いつまでも贈り続けたい気持ちもあります。

クリスマスプレゼントの年齢別トレンド

クリスマスプレゼントの年齢別トレンド
クリスマスプレゼントの年齢別トレンド

クリスマスプレゼントの選び方は、贈る相手の年齢によって大きく変わります。

小さいお子様であればキャラクターグッズや知育玩具等、小学生くらいになるとおもちゃやゲームと、年齢により大きく異なりますので、年齢や興味に合ったアイテムを選ぶことが大切です。

ここでは、年齢別のクリスマスプレゼントのトレンドや、選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

① 年齢に合ったプレゼントの選び方

年齢に合ったクリスマスプレゼントの選び方について詳しく説明します。

1. 年齢に適したカテゴリーを理解する

子どもたちの興味や能力は年齢によって大きく変わります。
幼児期には知育玩具や絵本が喜ばれることが多く、小学生になると学習に役立つアイテムや自分の趣味に合ったプレゼントが喜ばれます。

年齢に適したカテゴリーを理解し、その子の発達段階にマッチしたアイテムを選ぶことが大切です。

2. 安全性を確認する

特に小さなお子様へのプレゼント選びでは、安全性が非常に重要です。
小さなパーツが取れないか材質が安全かなど、商品の安全性を確認しましょう。
また、対象年齢が記載されている商品を選ぶと年齢に適した安全な商品を選ぶ手助けになります。

3. 子どもの興味を考慮する

子どもが現在興味を持っているテーマやキャラクターを考慮することも大切です。
例えば、恐竜に興味を持っているなら恐竜の図鑑、アニメキャラクターが好きならそのキャラクターのグッズなど、子どもの興味を反映させたプレゼント選びをしましょう。

4. 実用性を考える

ただ楽しいだけでなく何かを学べる、または日常で使えるプレゼントも喜ばれます。
学習に役立つおもちゃや趣味をサポートするアイテムなど、子どもが成長する過程で役立つものを選ぶと良いでしょう。

ひろ

これらのことを踏まえて、年代別のプレゼントの傾向を解説してきます。

② 未就学児のクリスマスプレゼントの傾向

未就学児のクリスマスプレゼントの傾向としては、キャラクターグッズ、知育玩具などがあげられます。

特に知育玩具は、こどもの成長にプラスになるよう作られている為オススメです。

ただし、下記のようなデメリットもあります。

  • 種類が多く何を選んでいいかわからない
  • 適正年齢を過ぎてしまった場合や、飽きてしまった場に保管場所に困る
  • 通常のおもちゃに比べて値段が高い場合が多い

このようなデメリットを解消できるサービスが、知育玩具のレンタルサービスです。

月額制で、保育のプロがお子様の特性や年齢に合わせて、知育玩具を選んでくれます。

③ 小学生までのクリスマスプレゼントの傾向

小学生までのクリスマスプレゼントの傾向を詳しく見ていきましょう。
この年齢層の子供たちは、おもちゃやゲーム、アクティビティに関連したプレゼントを特に喜びます。

1. おもちゃとゲーム

小学生までの子供たちは、おもちゃやゲームに興味を持っています。
特に、アニメキャラクターのフィギュアやぬいぐるみ、Nintendo switchなどのテレビゲームが挙げられます。

2. 学習関連のプレゼント

学習関連のプレゼントも小学生には喜ばれます。
例として、図鑑、学習ソフト、実験キットなどがあります。
これらは、子供の好奇心を刺激し学びながら楽しむことができます。

3. アクティビティ関連のアイテム

アクティビティ関連のアイテムも小学生には喜ばれるでしょう。
例えば、手芸キットや絵画セット、スポーツ用品などが考えられます。
これらは、子供の創造力や運動能力を高めるのに役立ちます。

④ 中学生以上でクリスマスプレゼントをもらうケース

中学生以上でクリスマスプレゼントをもらうケースについて掘り下げていきましょう。
この年齢層は、趣味や興味関心が多岐にわたりプレゼント選びも多様化します。

1. ファッションアイテム

中学生以上の子供たちは、ファッションに興味を持ち始めることが多いです。
したがって、アクセサリーやバッグ、洋服などのファッションアイテムが喜ばれる可能性があります。

2. 趣味や特技に関連したアイテム

この年齢層の子供たちは、特定の趣味や特技を持っていることが多いです。
例えば、楽器を弾く子供には楽器関連のアイテム、アートが好きな子供にはアート用品が喜ばれるでしょう。

3. 各種ガジェット関連のプレゼント

スマートフォンやタブレット、ゲーム機など、ガジェット関連のプレゼントも中学生以上には人気です。
また、関連アクセサリーもオプションとして考えられます。

⑤ プレゼント選びで大切なこと

プレゼント選びで大切なことについて詳しく説明します。

1. プレゼントの背後にあるメッセージ

プレゼントは自体も大切ですが、それを通じて伝えたい思いも大切です。
例えば、「一緒に遊ぼう」というメッセージを込めてボードゲームを選んだり、「大きくなったね」と成長を認めるアイテムを選ぶなど、プレゼントに込める思いを大切にしましょう。

2. 予算設定を明確にする

プレゼント選びでは予算を明確に設定し、それを超えないように選ぶことも大切です。
無理な出費は後でストレスになりますので、リーズナブルで心から喜ばれるアイテムを選びましょう。

3. プレゼントのタイミング

クリスマスプレゼントは24日のクリスマスイブに渡すのが一般的ですが、家庭や地域によっては25日のクリスマスの日に渡すこともあります。
プレゼントのタイミングを家族内で確認し、サプライズを計画しましょう。

クリスマスプレゼントの意義とは?

クリスマスプレゼントの年齢別トレンド
クリスマスプレゼントの年齢別トレンド

① クリスマスプレゼントの文化的背景

クリスマスプレゼントの文化的背景を探ると、その起源はキリスト教の伝説に根ざしています。

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝うイベントとされていますが、プレゼントを贈る習慣には特定のエピソードが関わっています。

東方の三賢人がイエス・キリストの誕生を祝って贈り物を持ってきたというエピソードが、現代のクリスマスプレゼントの文化の起源とされています。

このエピソードは、贈り物を通じて愛情や感謝の気持ちを表現するという、クリスマスプレゼントの本質を形作っています。
また、クリスマスプレゼントは、家族や友人との絆を深め互いの思いやりを示す大切な機会ともなっています。
この時期に贈り物を交換することで、人々は互いに感謝と愛情を示し合い心が通い合う瞬間を共有します。

クリスマスの祝祭自体も、多くの国や地域で異なる特色を持ちながら広く行われています。
例えば、日本のクリスマスはデートの日や、家族で過ごす時間としても親しまれています。
一方で、西洋諸国では家族が集まり、共に食事を楽しむことが中心となる場合もあります。

② プレゼントを通じて伝えるメッセージ

プレゼントを通じて伝えるメッセージには、愛情、感謝、尊敬など、多くの感情が込められています。
クリスマスプレゼントは、単なる物品以上の価値を持ち贈る人の心のこもったメッセージが込められています。
それは、言葉にならない感情を形にしたものです。

プレゼントの選び方一つにも、贈る人の感情や考えが反映されます。
例えば、相手が欲しがっていたものを選ぶことであなたの思いを表現できます。
また、手作りのギフトを選ぶことで「自分の時間と労力をかけてあなたのために何かを作りたい」という気持ちを伝えることができます。

プレゼントは、物質的な価値だけでなく、心からのメッセージを伝える手段となります。
それは、相手を思う感謝の気持ち、そして愛情を具現化したものです。
このクリスマスシーズンに、大切な人への感謝をプレゼントを通じて伝えてみてはいかがでしょうか。

Q&A|クリスマスプレゼントって何歳から何歳まであげるの?

クリスマスプレゼントは何個まで?

特に個数の定義はありません、各家庭によって異なります。

孫のクリスマスプレゼントはいつまで渡すのがいいですか?

日々のお孫さんとのコミュニケーションや状況によって決めましょう。
小学校卒業時までが多い印象です。

何歳までサンタさんからクリスマスプレゼントを渡しましたか?

こどもが信じている間は、サンタさんからのプレゼントということで渡しましょう。

まとめ|クリスマスプレゼントと年齢の関わり

クリスマスプレゼントと年齢の関わりについて、年齢に応じたプレゼントの選び方や、これからのクリスマスプレゼントの選び方について詳しく解説します。

年齢とプレゼント選びのバランス

年齢とプレゼント選びのバランスについて考えてみましょう。

  • 年齢に合ったプレゼントを選ぶ重要性
    子供たちにとってクリスマスプレゼントは特別なものです。
    年齢に合ったプレゼントを選ぶことで、子供たちの喜びも大きくなります。
  • プレゼント選びのコツ
    プレゼント選びのコツとしては、子供の好きなキャラクターや興味を持っているものをリサーチすることが大切です。
    具体的なアイテムやキャラクターを把握することで、喜んでもらえるプレゼントが見つかります。
  • 予算の設定
    プレゼントの予算も重要なポイントです。
    プレゼントの予算は1,000円~5,000円程度が多いとされています。

クリスマスプレゼント選びは、子供たちの成長と共に進化します。
年齢に適したプレゼントを選ぶことで、子供たちの喜びも倍増します。

そして、これからのプレゼント選びでは新しい選び方も取り入れながら、家族みんなで楽しむクリスマスを創り上げていきましょう。

子供たちの笑顔の瞬間こそ親として最高の瞬間ですね。

スポンサーリンク

日本ブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次