MENU
ひろ
年子育児パパ(4歳女児、3歳男児)
名前:ひろ(年子育児パパ)
出身:沖縄県
職業:データ集計
家族:妻、娘(5歳)、息子(4歳)
趣味:映画、アニメ鑑賞、ドライブ
備考:育休取得経験あり(3カ月)

育児グッズや、おもちゃのサブスク、沖縄情報などを発信していきます。
\ プライムデー先行セール開催中! /詳細を見る

スマートキッズベルト捕まる?捕まらない商品と安全性を徹底解説!

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
悩む人

スマートキッズベルト使っても、警察に捕まらない?

スマートキッズベルト持ち運びもできて、手軽に使えるので便利ですよね。

ただ、警察に捕まらないか不安じゃないですか?

結論から言いますと、スマートキッズベルトは道路交通法でチャイルドシートとして認められています。

この記事では、スマートキッズベルトの使用方法やメリットデメリット、安全に使うポイントなどを解説していきます。

Eマーク適合のスマートキッズベルトはこちら↓

ジュニアシートの比較まとめ記事はコチラをチェック↓

目次

スマートキッズベルトを使用する際の法的な問題について解説します。

スマートキッズベルトは道路交通法でチャイルドシートとして認められています。

引用元:警察庁

ただし、商品によっては安全基準を満たしていない物もあるため注意が必要です。。

これらの要件を理解することで、捕まるリスクを回避できます。

ひろ

これらの基準を守って安全なスマートキッズベルトを選びましょう。

スマートキッズベルトを選ぶ際の注意点

スマートキッズベルトを選ぶ際には、Eマークに該当している商品を選ぶことが大切です。

Eマークに該当しない商品は、チャイルドシートとして認められない可能性が高く捕まるリスクがあります。

また、使用する年齢や体重にも注意しましょう。

  • Eマーク該当商品を選ぶ
  • 年齢や体重を確認して使用
  • 樹種席での使用は非推奨

Eマークとは、国土交通省の安全基準に適合したものにあたえられる指定マークです。

商品に下記のようなマークがタグなどに表記されています。

引用元:国土交通省

必ずEマークが付与された商品を使用しましょう。

スマートキッズベルトは年齢や体重を確認して使用する

スマートキッズベルトもチャイルドシート同様、使用年齢と体重があります。

商品の説明書か、先ほどのEマークに表記されていますので確認しましょう。

  • 3歳以上
  • 体重15キロ以上

主に3歳以上が対象で、体重も15キロ以上となっています。

安全に使用するためにこれらの基準を守って使用しましょう。

ひろ

こどもの安全のために基準は守りましょう。

基準に適合したおすすめのスマートキッズベルト

Eマークに適合した商品を購入することはわかりましたが、実際にどのスマートキッズベルトを購入していいのか迷いますよね?

ここでは、おすすめのスマートキッズベルトを紹介します。

Eマークに適合した商品を使用して、お子さまの安全を守りましょう。

スマートキッズベルトや折り畳み式のチャイルドシートを、下記の記事で紹介しています↓

スマートキッズベルトとは?特徴とメリットデメリットを解説

スマートキッズベルトの特徴と、メリットデメリットについて解説します。

これらのポイントを押さえることで、より良い選択ができるようになります。

スマートキッズベルトの概要

スマートキッズベルトは、通常のシートベルトを子供の体にフィットさせるために設計されています。

具体的には、シートベルトの高さを調整し子供の肩と腰に正しくフィットさせます。

  • シートベルトの高さを調整
  • 子供の肩と腰にフィット
  • 持ち運びが容易

スマートキッズベルトは非常に軽量で、持ち運びが簡単です。

また、どんな車にも簡単に取り付けられる点が特徴です。

ひろ

タクシーやレンタカーを使用する場合、持ち運びが容易なので大変便利です。

スマートキッズベルトのメリット

スマートキッズベルトには、多くのメリットがあります。

まず、コンパクトで持ち運びが簡単な点が大きな利点です。

さらに、どんな車にも対応しており取り付けが簡単な点もポイントとなるでしょう。

  • コンパクトで軽量
  • どんな車にも対応
  • 取り付けが簡単

例えば、家族旅行の際にも簡単に持ち運びでき、使い勝手が非常に良いです。

また、祖父母の車などに取り付ける際も手軽に使用できます。

ひろ

非常にメリットが多いです。

スマートキッズベルトのデメリット

スマートキッズベルトには、いくつかのデメリットも存在します。

まず、チャイルドシートに比べて安全性が劣る点が挙げられます。

  • 安全性が劣る
  • 長時間の使用には不向き

例えば、長時間のドライブには不向きで、子供が疲れやすいという問題があります。

また、子供がベルトを嫌がる場合があり、その場合には他の対策が必要となります。

このように、デメリットも理解した上で使用しましょう。

ひろ

メリットとデメリットを知ったうえで使用しましょう。

スマートキッズベルトの正しい装着方法と安全性を高めるポイント

スマートキッズベルトの安全性と使い方について解説します。

正しい使い方を理解することで、安全性を高めることができます。

これらのポイントを押さえることで、より安全にスマートキッズベルトを使用できます。

正しい装着方法

スマートキッズベルトを正しく装着することが、安全性を確保するための第一歩です。

まず、シートベルトを子供の肩と腰にフィットさせるための手順を確認しましょう。

ベルトの位置を調整し、肩の位置がずれないように固定します。

  • シートベルトの位置を調整
  • 肩の位置を固定
  • 腰の位置をフィット

具体的には、ベルトのバックルを調整して肩の高さを合わせます。

また、腰の位置もフィットさせるためにベルトを適切に調整します。

このようにして、ベルトが子供の体に正しくフィットするように装着しましょう。

ひろ

使用する前に必ず調整しましょう。

安全性を高めるポイント

スマートキッズベルトの安全性を高めるためには、いくつかのポイントがあります。

まず、ベルトが正しく装着されていることを確認することが重要です。

定期的にベルトの状態をチェックし、必要に応じて調整しましょう。

  • 正しい装着を確認
  • 定期的な状態チェック
  • 必要に応じて調整

例えば、子供が成長するにつれて、ベルトの調整が必要になることがあります。

車の座席やシートベルトの状態も定期的に確認することが重要です。

このようにして、安全性を確保するためのポイントを押さえましょう。

ひろ

定期的なチェックは非常に重要です。

使用する際の注意点

スマートキッズベルトを使用する際には、いくつかの注意点があります。

まず、使用前に必ず取扱説明書を確認することが重要です。

  • 取扱説明書を確認
  • ベルトの固定を確認
  • 長時間の使用を避ける

使用前にベルトの状態をチェックし破損や劣化がないか確認します。

さらに、子供がベルトを嫌がる場合には他の方法を検討することも必要です。

このようにして、使用する際の注意点を押さえましょう。

ひろ

取扱説明書は必ず読みましょう。

まとめ|スマートキッズベルト捕まる?捕まらない商品と安全性を徹底解説!

今回は、スマートキッズベルトの選び方や特徴、メリットデメリットについて紹介しました!

この記事のポイント!
  • スマートキッズベルトはEマーク適合品であれば、法的に問題ない
  • スマートキッズベルトの特徴
  • メリットとデメリット
  • 安全な使い方

スマートキッズベルトの特徴とそのメリット・デメリットについても詳しく解説した。

さらに、商品の選び方や安全な使い方についても説明しました。

ひろ

この情報を参考に、安全なスマートキッズベルトを選択しましょう。

スポンサーリンク

日本ブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次