MENU
ひろ
年子育児パパ(4歳女児、3歳男児)
名前:ひろ(年子育児パパ)
出身:沖縄県
職業:データ集計
家族:妻、娘(5歳)、息子(4歳)
趣味:映画、アニメ鑑賞、ドライブ
備考:育休取得経験あり(3カ月)

育児グッズや、おもちゃのサブスク、沖縄情報などを発信していきます。
\ プライムデー先行セール開催中! /詳細を見る

リライドとフォームフィット違いを比較!おすすめは?アップリカチャイルド&ジュニアシート口コミ有

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

リライドはアップリカのチャイルド&ジュニアシートで、2024年3月上旬発売です。

リライドの発売にともない、フォームフィットとの違いが気になる人も多いと思います。

そこで今回は、現役年子育児中の私が、リライドとフォームフィットの違いを比較して、どちらがおすすめかをお伝えします。

リライドとフォームフィットの違い

リライドのみ搭載の機能

  • 座面の長さ調整
  • カップホルダー
  • 折り畳み収納

フォームフィットのみ搭載の機能

  • 座面の高さと横幅調整
  • お子さまが寝た状態でリクライニング可能

どちらのシートも、1歳~10歳まで長い期間利用できとても経済的なジュニア&チャイルドシートになります。

★リライドを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

★フォームフィットを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

★コチラの商品も一緒に購入がおすすめ↓↓


ジュニアシートの比較まとめ記事はコチラをチェック↓

チャイルドシートとジュニアシートの違いは、下記記事にて解説しています。

目次

リライドとフォームフィット違い5つを徹底比較

リライドとフォームフィットの比較表を作成しました。

スクロールできます
項目リライドフォームフィット
価格37,950円43,450円
重量7.5kg13.2kg
サイズW440×D490~690×H595~840(mm)
※ 製品サイズには、トップテザーおよび付属品は含みません。
W440~505※×D515~570×H650~775(mm)
※ サイドシールドは閉じた状態
安全性マシュマロGキャッチ、サイドシールド、安全規則R129に適合、ISOFIXコネクター&トップテザーマシュマロGキャッチ、サイドシールド、安全規則R129に適合、ISOFIXコネクター&トップテザー
リクライニング2段階3段階
座面の長さ調整3段階なし
座面の高さ調整なしあり
横幅調整固定あり
カップホルダーありなし
折りたたみ収納ありなし

リライドは軽量で折りたたみ可能なので、設置や載せかえがラクになり収納も可能です。

一方、フォームフィットはヘッドレストに連動して横幅が広がる設計で、お子さんが大きくなっても窮屈さを軽減できます。

違いについてくわしく解説します。

※各項目をクリックかタップするとくわしい内容に飛べます。

①リライドは重量が軽く載せかえが楽で、折り畳み収納も可能

載せかえかえが多い人や、車のトランクへ収納する予定がある人にはリライドがおすすめです。

フォームフィットに比べて、重量が約5キロ軽いため載せかえが楽に行えます。

引用元:アップリカ公式
引用元:アップリカ公式
ひろ

リライドは非常に軽量に作られています。

②リライドは座面の長さ調整が可能

座面の長さ調整ができるのはリライドです。

長さを調整することで、お子さまの体格にあわせて使えます。

引用元:アップリカ公式

③フォームフィットは座面の高さと幅の調整が可能

フォームフィットは座面の高さと幅が調整できます。

レバーを引き上げるだけで簡単に調整でき、お子さまの成長に合わせて使用できます。

引用元:アップリカ公式
ひろ

レバー操作だけで、高さと幅が調整できるのは便利です。

④フォームフィットはお子さまを乗せた状態でリクライニング可能

フォームフィットには、ムービングシート機能が搭載されていて、お子さまを寝かせた状態でリクライニングが可能です。

引用元:アップリカ公式
ひろ

私のこどもは、車で寝ることが多いので嬉しい機能です。

⑤リライドはカップホルダー標準装備

リライドにはカップホルダーが標準装備されています。

お子さまの飲み物や、おもちゃを置くことができ大変便利です。

引用元:アップリカ公式
ひろ

カップホルダーは使い勝手がいいですよ。

★リライドを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

★フォームフィットを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

★コチラの商品も一緒に購入がおすすめ↓↓


リライドとフォームフィット共通の特長5選

リライドとフォームフィットの、共通の特長は以下のとおりです。

※各項目をクリックかタップするとくわしい内容に飛べます。

①衝撃から頭部を守るマシュマロGキャッチ

ヘッドレストには、頭部を守るマシュマロGキャッチ機能が搭載されているので安心です。

引用元:アップリカ公式

②ドア側の衝撃を軽減し、体を守るサイドシールド

サイドシールドを採用していて、ドア側からの衝撃を軽減します。

引用元:アップリカ公式
ひろ

側面からの衝突にも対応しています。

③ISOFIXコネクター&トップテザー対応

ISOFIXコネクターとトップテザー対応で、車へのシート取付を確実に行えます。

引用元:アップリカ公式
ひろ

ISOFIXは確実に取付ができるため、安全性が高いです。

④スムーズベルトホルダー対応

ホルダーでベルトをとめることができるため、こどもの乗せおろしが楽です。

引用元:アップリカ公式

新安全基準R129解説記事はコチラ↓

リライドとフォームフィットおすすめな人

リライドとフォームフィットが、それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

①リライドがおすすめな人

リライドは次のような人におすすめです。

  • 載せ替えが多いので軽い方がいい
  • コンパクトに収納したい
  • 座面の長さ調整がほしい
  • カップホルダーがほしい
ひろ

軽くて、コンパクトに収納可能なのがリライドです。

リライドを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

②フォームフィットがおすすめな人

フォームフィットは次のような人におすすめです。

  • 座面の高さと横幅を調整したい
  • こどもを乗せたままリクライニングしたい
ひろ

こどもが寝た状態でリクライニングができるのが、フォームフィットの特徴です。

フォームフィットを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

Q&A|リライドとフォームフィットの違いを比較

リライドとフォームフィットの違いはどこですか?

主な違いは5つあります。

  • 座面の高さ調整と幅調整(フォームフィットのみ)
  • 座面の長さ調整(リライドのみ)
  • 折り畳み収納(リライドのみ)
  • ムービングシート機能(フォームフィットのみ)
  • カップホルダー(リライドのみ)

リライドとフォームフィットはどこで買えますか?

各量販店や、楽天やAmazonなどのネットショッピングでも購入可能です。

まとめリライドとフォームフィットの違いを比較

リライドとフォームフィットの違いを比較しました。

それぞれ独自の機能があるため、比較表を再度見直して選択しましょう。

スクロールできます
項目リライドフォームフィット
価格37,950円43,450円
重量7.5kg13.2kg
サイズW440×D490~690×H595~840(mm)
※ 製品サイズには、トップテザーおよび付属品は含みません。
W440~505※×D515~570×H650~775(mm)
※ サイドシールドは閉じた状態
安全性マシュマロGキャッチ、サイドシールド、安全規則R129に適合、ISOFIXコネクター&トップテザーマシュマロGキャッチ、サイドシールド、安全規則R129に適合、ISOFIXコネクター&トップテザー
リクライニング2段階3段階
座面の長さ調整3段階なし
座面の高さ調整なしあり
横幅調整固定あり
カップホルダーありなし
折りたたみ収納ありなし

どちらのシートも、新安全基準R129に適合しているため安心です。

重量や調整の有無、カップホルダーなどの違いがあるので好みに合わせて選びましょう。

私は、妻の車への載せかえを行うことと、ドリンクホルダーが必要なのでリライドを選択します。

★リライドを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

★フォームフィットを買うならコチラ↓↓

\プライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\Yahoo!で探す/
Yahooショッピング

★コチラの商品も一緒に購入がおすすめ↓↓


スポンサーリンク

日本ブログ村

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次